医者になるために登竜門

男女

最近の傾向とは

医学部へ進学する多くの学生の中には、幼い頃から英才教育を受け育ってきた人も多いのですが、中には中学校や高校時代に才能を開花させそのままストレートで合格してしまう人も少なくありません。医学部に合格するには神童とか天才などとよばれる学生をのぞき、やはり努力を積み重ねてきた結果が合格へつながります。医学部へ合格するには現役ではなかなか難しく、予備校へ通い何年も浪人生活を送った上で合格を勝ち取る人も少なくありません。医学部へ進学する学生のほとんどがセンター試験9割以上をとってくるので、合格するにはそれぞれの大学の2次試験がかぎとなってきます。また大学ではある一定枠を志願者数が超えると、ボーダーを超えない学生はその時点で受験資格を失ってしまいます。ですから誰でも医学部を受験できるわけではなく、ある程度の高い学力をもった学生しか受験することができないのです。また最近はほとんどの大学の医学部で面接を取り入れています。将来医師として働くために適切な人材かどうか見極めるためには、ただ勉強ができればいいとか頭がいいだけでは医学部へ合格することができない時代にもなってきました。医学部へ合格するには、高い学力と豊富な知識、人格なども加味されるので、勉強以外にもあらゆる体験活動を通して人間的にも魅力ある人を育てていく必要があるでしょう。なぜ医学部でなければならないのかきちんとした理由を持った学生でなければ合格を勝ち取ることができない時代になってきたのかもしれません。

勉強

進学を控えた勉強法

岡山で中学受験を考える場合には、小学校の中学年から勉強を開始します。学習塾を利用すると、各学校の試験問題などに触れる機会が得られます。高学年に向けて土台を固める必要があるのが、小学4年生です。岡山の学習塾では、面接や作文の対策も行います。

婦人

予測してみよう

高校入試では面接が行われることがあります。志望動悸などの質問は、定番中の定番です。スムーズに回答できるように練習をしておきましょう。全く関係のなさそうな質問は、臨機応変な対応ができるかどうかを見ることもあります。

女の人

高レベルの保育者を目指す

帝京短期大学こども教育学科のカリキュラム編成は資格習得や知識獲得は当然として、特に実習に重きを置いています。カリキュラムにも多くの実習を含みますが、隣接の幼稚園でいつでも子ども達や先生方と接することができる環境があり、各々の技術を確かめたり磨いたりできます。このように実践的な教育を大切にしています。