予測してみよう

婦人

定番がある

高校入試では筆記試験の他に、面接も導入している高校があります。筆記試験が思うようにできなかった人は、ここで挽回できるのでチャンスです。また、筆記試験よりも人柄を重視したいという高校も多いので、その点をアピールにするにも最適な方法と言えます。まず、質問を予測してみましょう。予測できれば回答もできやすくなります。高校入試の面接で行われる質問の中には、定番のものもあります。特によく行われているのは志望動機です。なぜ、この高校に入学したいのか聞かれることがあります。高校はもちろん他にもたくさんあるからです。その高校にしかないコースや特徴などを見つけておきましょう。最近の卒業生の進路先などが参考になることもあります。もちろん、奇をてらうような回答ではなくても構いません。誠実さが感じられるような答えにしましょう。それから、高校入試で面接がない高校もあります。この場合、筆記試験に全力を注ぐしかありません。また、推薦入学の場合には小論文と面接が設けられることがあります。このように、選択する高校によって高校入試の仕方は違ってくるので、この点もあらかじめ調べておきましょう。当然、高校によって面接の質問内容も異なってきます。質問内容にひねりをきかしてくることもあるので、どんな質問にも対応できるように練習をしておくことが大切です。その高校に関係がないような質問がなされることもあります。これは臨機応変にできるかどうかを見ることもあるので、不安がらずに対応できるようにしておきましょう。